タイヤマル秘情報【安全なカーライフを送る】

記事リスト

自動車の重要部品

取り付け

天然ゴムでできた部品

日本ののみならず、世界中で個人の所有者が増えてきている自動車。個人で多くの荷物を詰めることや、ちょっとした外出にも利用できるため人気です。自動車には、多くの部品が組み合わさってできています。その部品には、当然交換しなくてはいけない時期が定められています。自動車の一番重要な部品と言っても過言ではないタイヤもそのうちの一つです。タイヤは天然ゴムでできているため、普段の運転での劣化以外にも、太陽光を浴びることにより、ゴムが固くなり劣化してしまいます。一般的には、2年ほどでの交換が推奨されています。しかし、自動車を使う頻度、年間の走行距離、駐車する環境、自動車の種類などによっても変わってきます。また、自動車によっては、4本タイヤがついている中で前後で負荷が変わってくるタイプもある為、定期的に前後のタイヤを入れ替えるローテーションという作業が必要になってきます。自動車におけるタイヤは、車を進む、止める、曲がる、人や荷物などの積載物を支える重要な役目を担っているため、とても重要なのです。また、雪道などを走るときにはスタットレスタイヤと呼ばれる、雪道でもスリップなどしずらいタイプのタイヤもある為、自動車に乗る方は、タイヤに関しての知識はある程度もっていないと危険です。タイヤ自体は、ディーラーやカーショップなどで販売しているため、手軽に購入することが可能となりますが、天然ゴムで作られているために値がはる部品としても知られます。